色々な経験ができることが向上の魅力

お仕事探し

コンサルタントが力になってくれる

専門性の高い貿易の仕事や工場の仕事を探す時のサポートに、キャリアカウンセリングやコンサルティングサービスがあります。カウンセラーがキャリアアップに何が必要なのかを教えてくれるため、レベルアップが簡単にできますよ。

工場勤務をする上で知っておきたい事

作業着の人々

未経験でも採用される

神奈川には実に沢山の工場がありますが、年齢や経験が制限されているわけではなく定年が近い人や工場未経験の人が採用され、各々の業務に励んでいます。不安な場合は、業務の工程を先に知って自分で出来る仕事かどうか判断しても良いです。初心者に向いている仕事だと輸入や切断の求人でしょうか。輸入は材料を工場の外に持ち運ぶ至ってシンプルな業務内容です。力仕事になるのでやる気と根性があれば即採用されるでしょう。切断の仕事は、金型を立体化した後各パーツごとの形に切断するというもので、未経験のうちは先輩たちが親身になって指導をします。スピードと正確さが求められますが、何度も繰り返し業務を行なうことで初心者もプロ並みの美しいパーツを作ることができます。他にも製品や材料を組み立てる作業がありますが、同じことの繰り返しになるため飽きやすい人には向いていないかもしれません。そのかわり、資材をラインへ輸出したり物流を行なったりなど変化の多い仕事がありますので、飽き症の人にも適しているでしょう。業務内容によってはフォークリフトを扱う場面が出てくるかもしれません。そうなると、新たに資格を取得することになります。

高学歴の場合

神奈川にある工場もそうですが、一般的に作業系の求人は学歴を問われることはありません。そのため、中卒や高卒でも気軽に応募をすることができます。しかし、規模の大きい工場になると専門的な知識が求められるため技術含め採用基準も他と違ってきます。この場合だと大学の理工系学部を卒業していることが望ましく、高学歴の応募者を採用し、そのまま正社員にすることもあり得ます。特に知識が必要になる材料系は化学に関する知識及び、計算といった数字に強くないといけません。神奈川の工場で出世したい場合は、専門知識をつけて資格を取得をしましょう。

管理職に与えられる給料

数ある経験をし、全体をまとめられるようになると工場の管理職に任命されます。同じ正社員よりも若干給与が高くなり、業務にも責任感を持たなければなりません。日本においては無遅刻無欠席で真面目に働き続けると少しずつ給与が上がっていくシステムですが、工場の管理職に就く人は大体勤務年数が長いことがほとんどです。安定している会社だと一年働けば月給も数千円高くなるでしょう。一方、工場といっても各工程でグループが設けられるのでリーダーも各グループに配置することになります。また役職に応じて給与に差が出てくるため、求人に応募をする時は、最も稼げる役職は何なのかを調べ、応募すると良いでしょう。グループと他の管理職を仕事をしていると給与は大体20万円から30万円を上回ります。

ほとんど力を使わない軽作業

神奈川の求人誌でよく見かける工場の軽作業ですが、主な仕事内容はピッキング作業や小さい部品を組み立てるなど、初めてでもできる仕事内容です。食品会社だと軽作業が増えてくるため力のない女性や年配の人も負担なく業務をこなすことができます。ただ、軽作業の場合は軽い仕事を何時間も淡々と繰り返すためそこを乗り切れば、非常に楽な求人だといえます。

労働環境はどうなっているか

各求人ごとで違いますが、休憩時間や勤務時間、残業の有無等の条件は予め決まっていることが多いです。神奈川の工場で働く時は、労働条件をしっかり確認しておくと良いでしょう。残業手当の支給はあるものの、中にはサービス残業で夜遅くまで残る人もいます。ただ工場だと人員に余裕があれば定時で帰宅できますし、交代制がほとんどなので無理な残業を押し付けることはありません。より働きやすい環境を工場側も徹底しているので、労働者を守る姿勢はきちんとできています。そのような意味でも安心して働ける場所だといえるでしょう。

広告募集中